エクオールの基礎知識

今、女性の更年期にオススメだと言われている「エクオール」サプリメントがあります。医師も勧めするくらいだといいますが、どんな成分なのでしょうか。
更年期や月経前症候群(PMS)の緩和にはエクオールとういう成分がホルモン治療に負けないくらいの効果があると期待されています。更年期やPMSは女性ホルモンの低下が主な原因なのですが、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂取する際にエクオールという成分が不可欠であるにも関わらず、日本の女性はこの成分を作ることのできる腸内細菌がほぼないそうです。そのため、大豆イソフラボンと合わせてサプリメントで摂取することで改善策につながるということです(詳細…エクオール サプリメント)。
大豆イソフラボンが良いという知識はあっても、根本的な基礎となる知識を持つことが健康の近道かもしれませんね。

骨粗鬆症を予防するエクオール

女性の骨粗鬆症の発症が更年期に多いと言われるのは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が大きく影響しています。
エストロゲンは、骨を作る細胞の働きや代謝に重要な関わりを持ち、その分泌が減少していくと骨をスカスカな状態にしてしまうなどを引き起こします。エクオールは、女性ホルモンのサプリメントとして注目されている、大豆イソフラボン成分のダイゼインが腸内細菌のサポートを受けて産出されたもので、エストロゲンと似た働きをします。エクオールを摂取することで、女性ホルモンの分泌減少を抑える作用や骨量の増加などから骨粗鬆症の予防にもなると言われています。しかし、食生活など環境の変化や腸内環境も含めて、体内で簡単には作れない成分のため、エクオールのサプリメントが活用されています。

更年期の目の症状

更年期の目の症状で多いのは、眼精疲労とドライアイです。これらの症状は更年期の女性に多く、女性ホルモンの分泌の減少が原因になります。眼精疲労やドライアイは目薬をさすと一時的に改善しますが、あくまでも一時的に改善されるだけですので、根本的に改善させるためには、不足している女性ホルモンを補うことが必要になります。
女性ホルモンを確実に補給するにはホルモン注射が最適ですが、大豆イソフラボンを含有しているサプリメントを摂取するだけでも、女性ホルモンを補うのと同じ効果が期待できます。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が酷似しており、大豆イソフラボンのサプリメントを摂取すると、更年期のドライアイや眼精疲労の改善の効果も期待できます。

更年期の口の症状

更年期の代表的な症状の一つに口内が乾いてしまうドライマウスがあります。
女性ホルモンには体の潤いを保つ作用がありますが、更年期ではその分泌が減ってしまうので、こうした乾燥を引き起こすこととなるのです。
ドライマウスが酷くなると口臭の原因にもなりますし、舌や粘膜が乾いて痛みを生じることもありますので早めの対策が必要です。
手軽な対策としておすすめなのはサプリメントの使用です。
更年期の様々な症状に対応したサプリメントであれば効果を得ることが出来ることでしょう。
またドライマウスに加えて目の乾燥なども覚える時は免疫系の病気も疑わなければいけません。
なんにしてもまずは病院で診察を受けて大きな病気が隠れていないかを確認するようにしましょう。

更年期障害にプラセンタサプリが効果的

女性はホルモンバランスで体調や精神状態が大きく変化します。
安定して分泌されていれば良いのですが、少しでも量が多くなったり少なくなったりするとめまいがしたりふらついたり、イライラしたりというように辛い症状を引き起こします。
更年期障害はこのホルモン分泌が少なくなる事によって起こる症状であり、加齢もひとつの原因です。
医者が治してくれるものではないので自分で管理して改善に向かわせる必要があります。
例えばプラセンタですが、胎盤エキスで構成されており、細胞を若返らせる力を持っているので更年期障害には有効に働きます。
サプリとしても市販されています。
プラセンタやその他の栄養をサプリを活用して摂取していくのが良いでしょう。

更年期障害に効果がある「大豆」

更年期障害の様々な症状を緩和するサプリには大豆に関わるものが多くあります。
これは大豆イソフラボンという栄養素が女性ホルモンのエストロゲンと非常に似た働きをするとされているためです。
更年期障害は閉経に伴い女性ホルモンのエストロゲンが大幅に減少することで、様々な乱れを起こすことで現れる症状です。
ほてりやのぼせを起こすホットフラッシュ、めまい、耳鳴り、動悸、倦怠感など個人差はありますが、日常生活に影響を及ぼすこれらの症状は多くの女性の抱える深刻な悩みと言えます。
対応策の一つとしては、足りないホルモンの働きと同じ働きをするものをサプリで補うことにより症状緩和する方法が有効とされており注目されています。

更年期障害の対策 ホルモン補充慮法

女性にとって更年期は、絶対に避けて通れない関門です。
また更年期障害の症状の出方は人それぞれですので、軽い方もいれば重い方もいて複雑です。
更年期障害が始まったかなと思ったら、軽いうちならサプリメントを摂取することによって、症状が緩和されたり、重くならないこともあります。
サプリメントもいろいろな種類のものがありますので、どれを選んだら良いのか迷うかもしれません。
大豆イソフラボンなど、普段から体に良いとされている定番のものからだと選び易いかもしれません。
また、それだけで対処できないような症状が出て来たら、迷わず婦人科を受診して、ホルモン補充慮法を受けるのも良いでしょう。
ホルモン補充慮法は怖いと思われるかも知れませんが、医師の管理下ならば安心です。

汗をかきやすくなるホットフラッシュ

気温が上がって体が熱くなったり、激しい運動をして汗をかいたりすることはよく体験しますが、どんな場所にいても汗をかきやすい状態になってしまい、顔が熱くなってのぼせた状態になってしまうのがホットフラッシュです。気温や運動レベルに関係なく症状が出てしまい、更年期障害の代表的な症状の一つに挙げられています。
ホットフラッシュは女性ホルモンの減少により自律神経が乱れて、血管の働きがうまくいかなくなって発生します。ホットフラッシュの回数や継続時間は個人差がありますが、平均的に4~5分くらいで長い時には30分続く場合もあります。症状が起きた時には涼しい場所に移動して首筋をタオルなどで冷やしてリラックスした状態で過ごすようにします。