更年期障害の症状を知るメリットとは

症状を知る更年期障害の症状としてあげられるのは、 骨粗鬆症、糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化などですが、中には放っておくと命にも関わるものがあります。ですから、更年期障害の症状を知るメリットとしては、それらの病気が悪化する前に適切な対策を行うことができるという点です。たとえば、更年期には、ホルモンバランスが乱れるので、ホルモンバランスを整える働きのある「亜鉛」を積極的に摂ったり骨粗鬆症に備えカルシウムを積極的に摂ったり、高血圧・糖尿病に備えて塩分・糖分を控えたりなどの食生活の見直しをすることができるのです。

35歳を超えると気になる「更年期障害」の症状とは

更年期は閉経の前後10年です。人によって閉経の時期は様々ですが、40歳で閉経する方もいるので、そういった方は35歳くらいから更年期障害に悩むことになります。加齢によって卵巣機能が低下します。それによって女性ホルモンの分泌も急激に低下してしまいます。それが自律神経のバランスをうまく保つことができなくなり、血管の伸び縮みもうまくコントロールできなくなってのぼせや大量の汗などのホットフラッシュ、めまい、頭痛などの症状が起こります。また更年期障害は、精神的なバランスも崩しイライラしたり、不安になったり、うつ状態になったりします。サプリなどで女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンや、ポリフェノールを摂るように心がけることで緩和していきます。

更年期症状とHRT(ホルモン補充療法)について
更年期障害の症状を軽減する治療法にHRT(ホルモン補充療法)があります。更年期になると、女性ホルモンのエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れるため、更年期障害が起こります。HRTでは、減少するエストロゲンを補うことで更年期障害の症状を軽減させることができます。海外では広く使われている治療法ですが、日本では副作用が懸念され、あまり広まっていないのが実情です。治療には、塗り薬、貼り薬、注射、内服薬があり、医師と相談しながら治療方法を選びます。早い人なら2~3週間くらいで効果を実感することができます。

閉経の症状・予兆と更年期障害について

女性は50歳前後で閉経するが多いです。この頃になると卵巣機能が低下し、生理周期が乱れ始めます。月に2度も生理が来たり、2、3ヶ月来なかったりなど不安定な生理周期を繰り返しながら閉経に向かいます。そして、それと同時に更年期障害の症状が出始めます。更年期障害は、年齢を重ねた女性が女性ホルモンの急激な減少から自律神経に影響をもたらすことが原因です。理由もなくイライラしたり、頭痛やほてりなどが起こります。とても辛い症状なので、サプリメントなどで大豆イソフラボンやポリフェノールを補給することで症状は緩和します。そして、無理せずにゆっくりと自分の体と向き合うことが大切です。

更年期障害の症状を緩和する食品といえば

更年期障害は、加齢によって卵巣機能が低下し、エストロゲンが減少することにより起こります。個人差があり、薬では良くならないことがあります。
更年期障害を軽減するには、ホルモンや自律神経に関係した栄養素を摂ることも大切です。
更年期障害を緩和する食品には、ホルモンを分泌することができるビタミンEが含まれたカボチャ、アボカド、ナッツ類、ホルモンバランスを整えることができる亜鉛が含まれた牡蠣、レバー、ごま、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれた豆腐、味噌、納豆などがあります。様々な食材をまんべんなくとることが大切であるので、3食をきちんと食べるようにします。

更年期障害におすすめの食品は?サプリも活用して

一般的に更年期障害は40代半ばから55歳ぐらいに現れやすいと言われています。イライラしたり、ぐっすり寝ても疲れが取れず、だるさを感じるようになったり、のぼせなどの症状がみられます。このような症状が現れたらホルモンバランスを整える大豆食品を摂っていくのがお勧めです。
エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンは更年期障害の他、肌の新陳代謝を促したり、髪にツヤを与える効果なども期待できます。基本、バランスのいい食事が大切ですが、食品だけで大豆イソフラボンを補うのは難しいと感じるならサプリで摂取するのもお勧めです。

更年期障害におすすめの食品の食べ合わせについて
更年期障害の解消法を理解するにあたり、様々な食品の食べ合わせの方法をきちんと理解することがとてもおすすめです。
現在のところ、栄養成分がたっぷりと配合されている食品のメリットについて、数々の専門誌で取り上げられるケースが増えてきており、少しでも迷っていることがあれば、実際に更年期障害を解消した人から助言を受けることが良いでしょう。
また、更年期障害の治療法の選び方について知りたいことがある場合には、まずは同年代の人々のレビューに目を向けることで、何時でも冷静に判断をすることができるといわれています。

エストロゲンを増やす更年期障害を緩和する食品
エストロゲンは女性ホルモンの一つで、不足してしまうと更年期障害が起こりやすくなります。増やすには、大豆イソフラボンやビタミンE、ビタミンB6といった栄養素が必要となります。
大豆イソフラボンは植物性エストロゲンとも呼ばれ、似た作用をします。含まれている食品には、納豆や味噌、おから、豆腐、厚揚げ、山芋などがあります。ビタミンEに含まれている食品は、カボチャ、アーモンド、アボカド、モロヘイヤ、大根の葉っぱがあります。更年期障害は卵巣の機能低下も原因となっていますが、ビタミンEには卵巣を健康に保つ効果もあります。
この他、バナナやにんにく、たまごも更年期障害を緩和することができます。

働き盛り世代の男性が危ない男性更年期障害の症状とは

働く男更年期障害は女性だけの症状ではありません。男性にも起こりうることなのです。
その更年期障害の原因は、男性ホルモンの減少によります。ホルモンの一種のテストステロンは、ストレスを軽減効果があるものなので、減少することで、理由もなく不安感が出たり、イライラして周囲にあたったり、パニックを起こしたり、眠さ、趣味が億劫、うつ状態になるなどの症状が出ます。また、テストステロンは、筋力の低下や筋肉痛、疲労感、めまい、発汗なども起こり働き盛り世代にはとても辛い日々になります。食生活の改善やサプリメントでホルモンバランスを改善する、病院での投薬などで早めに対応することが大切です。

女性の更年期、年齢はいつくらいから始まる?

女性に訪れる更年期ですが、いったい行くぐらいの年齢から始まるのかが、知りたいところでしょう。
大体の女性は、平均47歳からといわれています。
しかし、個人差があるのも事実で最近では30代後半でも更年期障害と同じ症状があるという女性もいます。
千差万別ですから、人それぞれ違いがあります。
ですが、おおよその年齢は大体が40代後半で症状がみられるようです。
精神的な苛立ちや、生理の不順や出血の多さに火照りなどがあります。
更年期障害は、個人差があります。
辛い症状が続くようでしたら、医師に相談をする必要もあります。

更年期の女性にありがちな症状は?

更年期になると閉経を迎えるため、卵巣機能が徐々に低下していき女性ホルモンの減少が始まります。
閉経の前後である45歳ごろからの更年期には、さまざまな症状があらわれます。
月経異常や不正出血などの生殖器系は、更年期特有の症状のため、判断材料のひとつにしやすいです。一般的なものとしては、顔のほてりやのぼせ、動悸、めまい、だるさ、イライラ、不安感、睡眠障害、神経質になるなど心身にあらわれます。自律神経のバランスが乱れることで、血液循環の働きがうまくいかなくなることが原因です。自分の意志でコントロールできないため、しんどいと感じることもあります。

女性の更年期?と思ったらセルフチェックを

更年期障害の症状は200以上あると言われています。しかし特に多くみられるのは次の21の症状で、医師の間では問診でこの21を聞け、と言われています。
セルフチェックして見ましょう。

顔や上半身のほてり、発汗、寝つきが悪い、夜中に目が覚める、イライラ、不安感、憂鬱、神経質、倦怠感、目の疲れ、物忘れ、めまい、頭痛、動悸、胸の圧迫感、腰痛、肩こり、冷え、手足の痛み、手足のしびれ、音に敏感になった、の21の症状です。

これらの症状があるからと言って即、更年期障害と決めつけるのはNGです。よく似た病気もありますので、まずは重篤な病気が隠れていないかを除外するために医療機関を受診することが大切です。

更年期障害は45~55歳くらいの女性に見られ、多くは1~2年、長くても3~4年で治まります。

女性の更年期にしておきたい対策は?
女性特有の更年期には、ホットフラッシュに悩まされる人が少なくありません。
そんな症状を改善するためにしておきたい対策は、いつでも首筋を冷やせるようウェットタオルなどを持参することです。また更年期にはイライラやうつ状態に悩まされる人も多いと言われています。
対策としては、食生活の見直しを図ることができます。栄養のバランスが偏ると、精神バランスまで崩してしまうものです。特に、ビタミンやミネラルが不足しないよう注意しましょう。女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンを意識的に摂取するのもよいでしょう。

女性のツライ肩こり・・・もしかしたら更年期かも?
女性のツライ肩こりの原因を特定するためには、長い時間がかかることがあるため、各分野の専門医からアドバイスを受けることによって、実に様々なトラブルを回避することができるといわれています。
現在のところ、更年期に関するトラブルを抱えながら生活を送っている女性が少なくありませんが、いざという時に備えて、同じような立場の人から助言を聞くことが良いでしょう。
また、更年期の診断方法については、それぞれの専門医の判断によって、大きなバラつきが出ることがあるため、信頼度の高い医療機関を見つけることがとても大事です。

更年期の補足

エクオールとは